医療法人社団 長谷川病院 富山県で昭和53年より地域医療に携わってきた泌尿器および人工透析専門病院です

沿革

長谷川病院 沿革

 

  • 1978年(昭和53)
    • 長谷川医院開院(医師1名・看護師9名・技師1名・事務他4名 計15名)
    • 透析医療センター始動
    • 尿路疾患を取り扱う専門医療機関として発足
  • 1980年(昭和55)
    • 増築工事着工、3階建から5階建へ
  • 1981年(昭和56)
    • 第2期工事完成
  • 1984年(昭和59)
    • 総師長配置
  • 1985年(昭和60)
    • 超音波診断装置(アロカSSD600) 導入
    • 新透析医療センター始動(20人用重炭酸透析装置、RO装置導入)
    • 保養所(ユートピア泉) 完成
  • 1986年(昭和61)
    • 第3期工事 医師宿舎・看護師寮開設
  • 1987年(昭和62)
    • 結石破砕装置(EDAP LT-01) 導入
    • 機能別ナーシングからチームナーシングへ
    • 医事コンピューター導入
    • 新透析医療センター始動(30人用重炭酸透析装置、RO装置導入)
    • 長谷川病院発足(19床から50床へ)
      (医師7名(常勤医4名)・看護師29名・薬剤師1名・診療放射線技師2名・臨床検査技師3名・臨床工学技士4名・栄養士3名・看護助手5名・事務職他25名)
    • 増築工事着工(北館5階建)
    • 増改築工事完成(新館と旧館とドッキング、デイルーム、医局、多目的ホール)
  • 1988年(昭和63)
    • 基準看護、基準給食、基準寝具認可
  • 1989年(平成1)
    • 泌尿器科専門医教育施設に認定
    • X線撮影室拡張とともにX線一般撮影装置更新
      (フローティングテーブル採用)
    • X線CT導入
    • 厨房用コンピューターシステム導入
  • 1990年(平成2)
    • 泌尿器科専門教育施設に認定
  • 1993年(平成5)
    • 結石破砕装置(EDAP LT-02)
    • 内視鏡検査用TVカメラ導入
    • 超音波診断装置(アロカSSD1200)導入
  • 1995年(平成7)
    • カラードップラー超音波診断装置(アロカSSD2000)導入
  • 1996年(平成8)
    • 前立腺高温度医療装置(プロスタトロン)導入
  • 1997年(平成9)
    • X線CT更新
    • 院内LAN敷設
    • 医事コンピューター更新
  • 1998年(平成10)
    • 手術用Cアーム撮影装置更新
  • 1999年(平成11)
    • 医薬分業開始
  • 2000年(平成12)
    • 40人用重炭酸透析装置DAP-40C設置
    • クリニカルパス導入
  • 2001年(平成13)
    • 医療法人社団長谷川病院開設
      (医師9名〔常勤医4名〕・看護師28名・薬剤師2名・診療放射線技師2名・臨床検査技師2名・臨床工学技士4名・栄養士2名・看護助手11名・事務職他20名 計80名)
  • 2002年(平成14)
    • 干渉周波頻尿・尿失禁治療器(ウロマスター)導入
    • 居宅介護支援事業所開設
  • 2003年(平成15)
    • 高密度焦点式超音波前立腺治療(sonablate500)導入
  • 2005年(平成17)
    • 電子カルテ導入
  • 2006年(平成18)
    • 長谷川病院リニューアルオープン
    • 結石破砕装置(ソノリスプラクティス導入)
  • 2009年(平成21)
    • 地域連携室 創設
    • PACS導入・MDCT導入
  • 2010年(平成22)
    • 理事長に長谷川徹 就任
    • (財)日本医療機能評価機構 病院機能評価(Ver6.0)認定取得


    P_logomark

 

泌尿器科、透析治療、結石破砕治療 TEL 076-422-3040

文字サイズを変更できます

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 長谷川病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.