腎臓内科の診療について

当院においては、平成29年8月5日(土)より、腎臓内科の診療を開始しました。
腎臓内科の診療は、金沢大学医薬保健学総合研究科先進的地域医療研究講座
特任准教授 山田和徳先生が毎月第一土曜 午前に診療いたします。

健康診断で血尿・タンパク尿が続く方の診断・治療や、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全等の治療を行います。

泌尿器科と腎臓内科の併設により、血尿の患者さんの診断と治療が一体化して行えます。
特に腎臓の病気は進行がすすむまで自覚症状が出にくいケースが多いため、尿の異常や
身体のむくみ等の場合に受診をおすすめします。

腎臓内科は、初期の検尿異常から末期腎不全、透析療法まで腎臓病のあらゆる段階を
診療対象としています。