医療法人社団 長谷川病院 富山県で昭和53年より地域医療に携わってきた泌尿器および人工透析専門病院です

透析医療センター

dsc_4723_2

    当病院2階フロアーが透析医療センターになっております。
    個々にあわせたきめ細やかな治療を目指し、 当院のモットーである “こころのかよった診療” を心がけ、患者さま中心に日々笑顔を忘れず透析治療を行っています。
    ※導入期の患者さまには各スタッフが計画的に説明を行います。
透析治療曜日及び開始時間
 
朝間透析 8:00~
10:00
7:30~
9:30
7:30~
9:30
8:30~
10:00
7:30~
9:30
7:30~
9:30
昼間透析 13:00~
13:30
12:30~
13:00
12:30~
13:00
× 12:30~
13:00
12:30~
13:00
夜間透析 16:30~
17:30
16:30~
17:30
16:30~
17:30
16:30~
17:30
16:30~
17:30
16:30~
17:30
    ※臨時透析をご希望の方は、事前に当センターに連絡をいただき、希望される1週間前には、透析条件が届くようにお願いします。
    • <連絡先>長谷川病院
    (代表)tel : 076-422-3040 fax : 076-422-5308
        • 概要
          • 患者数 血液透析       154名
                 腹膜透析+血液透析  1名
                 腹膜透析          1名
                  (令和1年11月現在)
          • ベッド数    50台
          • 装置

            • 多人数供給装置1台、個人用透析装置1台
              透析用監視装置44台
              多用途透析装置(OHDF)3台、多用途透析装置(HDF)2台
          •  
        • お食事について
          • 患者さまの透析食(実費)は医師の指示のもと、管理栄養士が管理した食事を 随時、適温で提供いたします。 また特別嫌いな食べ物については、あらかじめ看護師にお知らせください。

 

透析患者さんにおける運動療法の重要性

透析患者さんは、長期間にわたる腎不全の影響によって身体に様々な傷害が生じ、次第に思いどおりの生活が困難となることがあります。また歳を重ねるごとに、身体機能の低下、日常生活に介助を要する方が増えています。これらの問題に対処するために近年透析患者さん向けの運動療法が重要と言われています。当院では、健康運動指導士と連携しながら患者さんの身体機能維持、改善に取り組んでいきます。

透析を開始して1時間程経過した時点で、当院オリジナルDVDをテレビでみながら一斉に運動を始めます。スタッフの声掛けに合わせて下肢の運動を約20分実施しています。また透析開始前の待合室で上半身中心の運動も行います。ただし、血圧の変動や体液量の増減で体調が変わりやすい状態のときは、運動をお休みして頂くことがあります。運動の内容は、すこしずつ強度をあげていきますが継続することが最も大事です。

泌尿器科、透析治療、結石破砕治療 TEL 076-422-3040

文字サイズを変更できます

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 長谷川病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.