医療法人社団 長谷川病院 富山県で昭和53年より地域医療に携わってきた泌尿器および人工透析専門病院です

結石破砕治療センター

結石破砕装置について
EDAP〔ソノリス・プラクティス〕ドルニエ〔デルタⅡ〕

21世紀の医療がめざす新しい流れに、メスによる手術を避け「いかに侵襲を少なく、その病気を取り除くか」、また「人が生活していく上での質(quality of life)をいかに向上させるか」というテーマがあり、心ある医師は真剣に対峙しています。  この2つをはっきり示したのが『体外衝撃波結石破砕装置』です。いまでは一般的となった“皮膚に傷をつけずに体内の腎臓結石・尿管結石を砕く”結石破砕装置ですが、当院では1987年12月、エダップ社(フランス)製「EDAP LT-01」を全国で五番目に導入し、尿路結石に対する当時の最新治療に取り組み始めました。 1994年には、従来のLT-01に比べて破砕効率1.3倍となる「EDAP LT-02」を導入。従来の超音波画像による結石探査に加え、X線透視によるより確実な結石探査を同一軸上ででき、同時に衝撃波も同一軸上で焦点が集中できるよう設計されています。  さらに2006年には「ソノリス・プラクティス」そして2016年に「ドルニエ デルタⅡ」を導入し、他施設ではほとんどみられない二台の結石破砕装置が日常診療で活躍しています。「より短時間、より確実な」治療の提供を心がけ、導入以来20年以上にわたり年間300~400名の患者さまの治療を行っております。

 

日帰り体外衝撃波結石破砕術

 当院ではこれまで、「壊した石が、早くかつ完全に体外へ排出されるのを見届ける」ことを目標に、衝撃波治療を受けられる患者さまには原則として入院治療をお勧めしてきました。
今後も以上の方針に変わりはありませんし、1日も早いご回復を祈っておりますが、『入院せずに日帰りで破砕してほしい』というご要望が多いことにかんがみ、「安心して受けられる日帰り結石破砕術」を目指した取り組みを行っています。
しかしながら全ての結石治療に日帰り破砕術を適用できるわけではありません。結石の成分や大きさに加え、腎臓・尿管結石のある場所によって結石破砕効果に違いがあり、初めてお越しの患者さまには日帰り破砕治療が行えない場合があります。一方、何度か破砕治療を受けられた患者さまや結石再発の患者さまにはお勧めできる治療です。
詳しくは、当院にご相談ください。

当院の尿路結石破砕治療について
 

長谷川病院では、これまで体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)2台と硬性内視鏡システム、リソクラスト(圧縮空気により金属棒を振動させて砕石する)で結石治療を行ってきましたが、今回レーザー装置と軟性尿管鏡を導入し、更に最新鋭の結石破砕治療が可能になりました。
簡単にですがご説明させていただきます。
なんで結石を壊すのにそんなにいろんな機械が要るの?って思われるかもしれません。 でも結石治療って結構大変なんですよ。
「痛い、痛い、でも手術は嫌。なんとか体に傷をつけないで結石を壊して」って、そんな患者さんの希望から生まれたのが体外衝撃波結石破砕治療装置 (ESWL)。横になって寝ている間に衝撃波発生装置からの衝撃波が体内の結石で集積されて結石が粉々になる。夢のような機械が開発されたのが約30年 前。当院は日本中に先駆けて導入。富山の結石患者さんを当初は一手に引き受けて、富山の皆様に受け入れられました。 これでめでたし、めでたしなら今回の私の話は終わりなのですが、結石は手強いんです。本当に。
体外衝撃波を当てても当てても壊れない頑固な石。壊れているのに尿管にくっついて出てこない石。腎臓の奥にかくれて落ちてこない石。困ってしまうんです。 そんな状況を打開するのが今回のレーザーと軟性尿管鏡システムです。 昔は内視鏡といえばまっすぐの金属棒にレンズがくっついたものでした。 こんなものが尿道の出口から腎臓の奥まで入るはずないですよね。
最新の内視鏡はちがうんです。なんと尿道の出口から腎臓の奥まできっちり見えちゃいます。そこにレーザーのプローブを入れて結石をバババン。 良さそうでしょ。
もちろん尿路感染を持っている方とか、2cm以上の大きな石とかこの治療だけでは困難なこともあるのですが、いろんな道具を上手に使いこなして、上手に治療ができれば良いと思います。
【星の街通信 Vol.10 春号より 転載】

 

泌尿器科、透析治療、結石破砕治療 TEL 076-422-3040

文字サイズを変更できます

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 長谷川病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.